読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東濃地方温泉めぐり

新しい石油給湯器が来るまで風呂に入れないので、せっかくだから、車で行ける近くの新しめの温泉に行ってきた。日本昭和村内にある昭和温泉「里山の湯」と、天然温泉 三峰

里山の湯。

入浴料は600円。

「昭和のレトロな銭湯を再現。」ということで、ちょっと期待してたが、木造だと言うこと以外、別に昭和っぽくなかった。洗い場も狭いし、温泉なのは露天風呂と足湯だけだし、温泉の説明も無いしと、ちーと工夫が足りない感じ。でも普通のスーパー銭湯よりは綺麗で落ち着ける雰囲気だった。富士山の壁絵もあったらしいんだが、風呂と反対側にあったので見逃した。残念。

・天然温泉 三峰。

入浴料は700円。内装はちょっと高級な雰囲気。

いろんな施設(マッサージとか)を利用して貰いたいためか、施設巡りをさせられてから風呂にたどり着くため、入り口から風呂までかなりある。洗い場はそれなりの広さ。露天風呂は岩で組んであっていい感じ。けっこう温泉気分が味わえた。100円差ならこっちの方がいいかな。

石油給湯器が壊れたおかげで、普段だったら行かないだろう所に行けてよかった。