読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LEDシーリングライトを買ってみた

電灯が紐を30回ぐらい引かないとつかなくなってしまったので、この機会に最近話題のLEDシーリングライトを買ってみた。

東芝 LEDシーリングライトTOSHIBA BASICクラス LEDH93044-LCというもの。


東芝 LEDシーリングライトTOSHIBA BASICクラス LEDH93044-LC東芝 LEDシーリングライトTOSHIBA BASICクラス LEDH93044-LC
東芝(TOSHIBA)

商品詳細を見る

安くなったなー。8000円弱程度で買えてしまうとは。かえって心配だw

以下感想。

他のLEDシーリングライトの比較ポイントは、明るさ(最高)と、明るさ調整や光色調整が出来るかというところ。この機種は、このクラスでは珍しく明るさも光色調整も出来るので、早速購入してみた。

まず良いところはその明るさ。元の電灯はつり下げ式なので、天井から1mぐらい下に付いていた。シーリングライトにすると天井に付けることになるので1mぐらい高いところから照らすことになる。その分くらくなるので3300ルーメンということで大して期待していなかったが、付けてみると「うおっまぶしっ」と思わずびびる明るさだった。

明るさは10段階に調整出来るので、早速7割ほどに落としてみたら良い感じに。

また光色を昼光色→白色→電球色と変えられるので、ちょっと白色側に変えてみた。うん、これはいい。

明るさと光色は記憶出来、毎回調整しなくてもいいので便利。

常夜灯については、最初付けたときはかなり暗く、手元が見にくかったので残念だなーと思っていたが、実は常夜灯も10段階調整できたのであった。マニュアルはちゃんと読みましょうねw

後は本体寿命がどれくらいあるか、かな。LED自体は40,000時間(20年くらい)とか宣伝してるけど、本体は5年保証なので、元が取れるかどうかは微妙な所。

ということで、総合するととりあえずは100点満点と言える。電気代も安くなるし、買って良かった。おすすめ。